fc2ブログ

第31回 服飾史研究会の報告

研究会活動
02 /03 2024
 2024年1月25日(木)
文化服飾博物館の「魔除けー見えない敵を服でブロック!」展を見学しました。
(参加者6人) 
《 ご感想 》
・今まで装飾と思っていた衣服の飾り、刺繍などが、魔除けの意味を持っていたことを知りました。
・背縫いから魔が入るのを防ぐ、縫い代に魔が入り込まないように、などと考えられた服があった事に驚きました。
・大人だけでなく幼子への魔除けも多く、子の無事を願う親の思いは万国共通。
・世界中にあるいろいろな形での、魔除けを興味深く見ました。
17064310070.jpeg
今回1人で初めて参加された方から「アクセサリーなどにそれぞれ意味があることに驚いた。初めての参加だったが見学もランチも楽しかった」とのお声をいただきました。

こじんまりした会ですので、初めての方もお気軽にご参加ください
→会期~2024年2月14日(水) 

第29回服飾史研究会の報告

研究会活動
08 /02 2023
2023年8月1日(火) 新宿にて、文化学園服飾博物館「日本服飾の美」(後期) 展を見学しました。(参加4名)

豪商三井家伝来の打掛、近代の宮廷衣装、武家の服飾、能装束の構成で、博物館屈指の日本服飾の優品を紹介する展覧会でした。

それぞれの制度やしきたり、気風から生み出された精緻な染織技術や優美な意匠が見られ、日本の美意識が集約されています。

20231108165348312.jpg

第28回「服飾史研究会」報告

研究会活動
04 /06 2023
2023.4.4(火) Bunkamura ザ・ミュージアムにて 『マリー・ローランサン と モード 』展を見学しました。(参加6名)

マリー・ローランサンの生誕140年を記念し、同い年のココ・シャネルとの交流、美術とファッション、文学、舞台芸術など、幅広い分野での時代を超えた存在感を示した、大変興味深い展覧会でした。 


20231108165356341.jpg

kinunokai

日本女子大学 家政学部 被服学科
卒業生の会 公式ホームページ